水戸のあじさい その2 保和苑

 水戸八幡宮のあじさい撮影後は、
次のあじさいスポット保和苑へ。
徒歩十分ちょっとで辿り着けます。
 今年は新型コロナウィルスの影響で
あじさい祭のイベントが中止になった
ものの、例年に無くきれいに咲いている
とのこと。



200624k_01.JPG
写真1:保和苑にて
  保和苑はこの桂岸寺に隣接する
  庭園。
フジX-Pro2 XF16mmF2.8R
  1/2500秒 f/2.8 ISO400



200624l_01.JPG
写真2:保和苑にて
  保和苑中心部に向かう
  石畳脇はあじさい並木に
  なっています。
フジX-Pro2 XF16mmF2.8R
  1/500秒 f/4 ISO400



200624m_01.JPG
写真3:保和苑にて
  白いアナベルと赤いスモーク
  ツリー。どちらも見頃を
  迎えています。
フジX-Pro2 XF16mmF2.8R
  1/1600秒 f/4 ISO200



200624n_01.JPG
写真4:保和苑にて
  保和苑中央にある明星ヶ池と
  あじさい。
フジX-Pro2 XF16mmF2.8R
  1/80秒 f/11 ISO200



200624o_01.JPG
写真5:保和苑にて
  色とりどりのあじさいが
  並んでいたので、あえて
  ハイキーにして、パステル調に
  撮影。
フジX-Pro2 XF35mmF1.4R
  1/1600秒 f/1.4 ISO200



200624p_01.JPG
写真6:保和苑にて
  保和苑裏手、山あじさい通りに
  向かう階段。ここを下ると
  山あじさい通りに出られます。
フジX-Pro2 XF35mmF1.4R
  1/2000秒 f/1.4 ISO200



200624q_01.JPG
写真7:保和苑にて
  階段の途中、絞りを開けて眼下の
  あじさいをボカして撮影。
フジX-Pro2 XF35mmF1.4R
  1/2000秒 f/1.4 ISO200



200624r_01.JPG
写真8:保和苑にて
  山あじさい通りのあじさいも
  見頃を向かえています。
フジX-Pro2 XF35mmF1.4R
  1/2000秒 f/1.4 ISO200



200624s_01.JPG
写真9:保和苑にて
  山あじさい通りを抜け、再び
  保和苑中心に戻る階段。
  手前にあじさいを入れて撮影。
フジX-Pro2 XF16mmF2.8R
  1/1000秒 f/2.8 ISO200




200624t_01.JPG
写真10:保和苑にて
  パーゴラ下の道の脇には、
  色とりどりのあじさいが
  咲いていました。
フジX-Pro2 XF35mmF1.4R
  1/4000秒 f/1.4 ISO200



 例年だと梅大使やモデルを迎えての
大撮影大会が開催されるのですが、
今年は中止。こんなにあじさいが
きれいなのに中止とは、返す返すも
残念です。

 予定より長居をしてしまし、保和苑
近くのそば屋「にのまえ」にて昼食を
摂ることに。
 季節限定の冷やし鴨そばをと思ったら
売り切れ。仕方なく、すけもりを注文。
すけもりは、特性のつゆで頂くもりそば。
つゆはそばの味が分かるよう濃いめの
鰹だしベースに少なめの醤油で、色の
薄いのが特長。



200624u_01.JPG
写真11:にのまえにて
  すけもりそば900円。腰のある
  そばでつゆがそばの味を殺さず、
  おいしいそばでした。
スマホにて撮影。


 昼食後は、主目的の水戸の梅まつり
写真コンテストの入賞作品展へ。今年は、
佳作を頂きました。
 今年は新型コロナウィルスのため、
梅まつりのほとんどのイベントが中止となり
梅大使も最初の2週間程度しか偕楽園での
お出迎えが無かったので、ほとんど梅大使の
写真は無かったとのこと。当然、応募点数も
例年より少なめ。
 また、会場は、例年だと水戸芸術館が会場ですが、
今年は、こちらも新型コロナウィルスの影響で
水戸市役所本庁舎の多目的ホール。
 なので、平日しか作品展を見ることが
出来ず、休暇を取っての見学となりました。



200624v_01.JPG
写真12:水戸市役所本庁舎にて
  入賞作品展会場。作品展は6/30まで
  (土日は除く)。
スマフォにて撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント