SL3両そろい踏み

 コロナの感染が急激に増え、1都3県は緊急事態宣言。
その一方で、栃木県内ではSL3両が走る三密状態。と言っても、
3両走るのは1月9,10日の二日間で、再び3両が走るのは、
夏以降になる模様。
 ならば、屋外で三密を避けて感染予防に力を入れつつ、
撮影に臨むことに。

 まずは、真岡鐵道。本来ならヘッドマークと日章旗を掲げての
新年号として走らせる予定でしたが、昨年末のSL&DL重連の際、
一部のマナーの悪い鉄チャンが地元住人の怒りを買って(そりゃ
大量の路上駐車に、私有地侵入、道路の邪魔な位置に三脚を立て、
挙げ句の果て自分の飲み食いしたゴミまで置いていく始末)、
その上、コロナ感染が増えていると言うことで鉄チャンが集まるのを
避けて通常の運転になりました。



210109a.JPG
写真1:真岡鐵道 寺内~真岡にて
  下館への送り込み回送は逆光シルエット、
  太陽を入れての撮影。いつもは
  嫌われるゴーストも、こういう形での
  発生なら効果的かも。
ニコンD500 DX16-80mmF2.8-4E
  1/800秒 f/11 ISO200



210109b_01.JPG
写真2:真岡鐵道 寺内~真岡にて
  もう1台はアップ目に筑波山の
  シルエットを入れて撮影。
  コンプレッサーからすら蒸気が
  出ていない、スカを予感させる状況。
フジX-T4 XF16-55mmF2.8R
  1/2000秒 f/5.6 ISO200



210109c_01.JPG
写真3:真岡鐵道 寺内~真岡にて
  本番は、気温も低かったお陰で、
  予想以上の白煙となりました。
  まずは1両目、C12 66号機を撮影。
ニコンD500 AF-S70-200mmF4G
  1/1250秒 f/5.6 ISO320


 次に向かったのは、先週に引き続き東武鉄道
鬼怒川線。撮影地は、駐車場も確保できる
倉ヶ崎の花畑へ。



210109d_01.JPG
写真4:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  C11 207号機牽引のSL大樹5号。
  先週に引き続き丘の上から
  とりあえず撮影で2両目撮影。
ニコンD500 DX16-80mmF2.8-4E
  1/500秒 f/5.6 ISO640



210109e_01.JPG
写真5:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  もう1台は直後の4号を撮影する
  セッティングのため5号は後追い。
フジX-T4 XF50-140mmF2.8R
  1/500秒 f/4 ISO400



210109f_01.JPG
写真6:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  C11 325牽引のSL大樹4号。これで
  3両のSL撮影完了。背後の山に
  煙と良い感じです。
フジX-T4 XF50-140mmF2.8R
  1/500秒 f/4 ISO400



210109g_01.JPG
写真7:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  もう1台は広めのレンズで。
  325号機のヘッドマークは、
  えんじ色がベースです(207号機は青)。
ニコンD500 DX16-80mmF2.8-4E
  1/500秒 f/5 ISO400


 次の7号まで少し時間が空くので、
昼食を摂って撮影に臨むことに。



210109h_01.JPG
写真8:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  7号はお花畑の池の近くで。晴れると
  正面に光が当たらない半逆光。
  少し前まで曇っていたけれど、
  直前に陽が射し、正面は潰れたものの
  側面はギラリ気味に。
フジX-T4 XF16-55mmF2.8R
  1/2500秒 f/2.8 ISO400



210109i_01.JPG
写真9:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  もう1台は、チェーンソーアートの
  フクロウにピントを合わせて
  縦位置撮影。と言っても距離があるので
  SLは微ボケ状態。
ニコンD500 AF-S50mmF1.8G
  1/2000秒 f/2 ISO100


 次の6号は、線路近くに寄って望遠系で
攻めることに。



210109j_01.JPG
写真10:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  6号の少し前にやってくる会津鉄道の
  マウントエクスプレス。足回りには
  着雪が見られます。
ニコンD500 AF-S70-200mmF4G
  1/1250秒 f/5 ISO400



210109k_01.JPG
写真11:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  15分ほどで陽が陰り始め、光のブチ状態に。
  予想以上の爆煙に背後の山は隠れて
  しまったのはうれしい誤算。
ニコンD500 AF-S70-200mmF4G
  1/800秒 f/4 ISO400



210109l_01.JPG
写真12:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  もう1台は横位置で。イルミネーションが
  点灯し始めていたので、画角を
  下げ気味にしたら爆煙が切れてしまった。
フジX-T4 XF90mmF2R
  1/1000秒 f/2 ISO400


 当初は6号の撮影で帰投の予定でしたが、
SL4往復態勢は翌10日までで。
 その後、今シーズンイルミネーションを
絡められるのは、1月16日の臨時9、10号。
その日はSLふたら運転日でもあるので、
撮影機会が少ない。
 ならば、あと1時間8号まで粘ることに。



210109m_01.JPG
写真13:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  8号通過20分ほど前、イルミネーションに
  背後の山、まさに理想の感じで期待が
  高まる。
フジX-T4 XF90mmF2R
  1/160秒 f/2 ISO800



210109n_01.JPG
写真14:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  たかが20分。一気に暗くなり、
  さらにSLは車体が黒いため、
  闇夜のカラス状態に。
フジX-T4 XF90mmF2R
  1/30秒 f/2 ISO1000



210109o_01.JPG
写真15:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  もう1台は広めのレンズで少し
  手前で撮影。側面がイルミネーションに
  照らされる範囲が広く、多少はマシ。
ニコンD500 AF-S50mmF1.8G
  1/40秒 f/2 ISO1000


 真岡から今市まで道が混んでいなければ
普通に車を流して約1時間半(日光宇都宮道利用)。
 なので、SLもおかを真岡駅手前で
撮影すれば、鬼怒川線のSL大樹5号から
撮影可能。
 また逆にSL大樹6号撮影後、真岡に
向かえば真岡以南でSLもおかの撮影が可能
と言うこ。くれぐれも無理な追っかけは
しないよう、余裕を持った移動をお願いします。

 1月11日は、SLもおかは走らず、また、
東武鉄道のC11 207号機も点検のため、
1月11日の運転をもって、しばらく走らず。
 SL大樹が再び4往復態勢になるのは、
207号機の点検が終了する夏頃なので、SL3両
そろい踏みは、しばらくお預けです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント