約1ヶ月ぶりの煙分補給

 約1ヶ月ぶりの煙分補給は、SL大樹。真岡鐵道も
緊急事態宣言の影響で運転していないので、行動範囲内の
SLと言えばSL大樹くらいしかないので。

 現在SL大樹は、C11 325号機による2往復態勢、
さらにDL補機無しの運転となっています。

 まずはいつもの小佐越S字カーブへ。天気が良いと
逆光になりますが、それは鬼怒川線沿線なら下り列車は
全て正面に陽が当たらないので。



210213a_01.JPG
写真1:鬼怒川線 新高徳~小佐越にて
  短めのレンズで縦位置撮影。
  クラシックネガで現像。
フジX-T4 XF50mmF2R
  1/1600秒 f/2.8 SO200



210213b_01.JPG
写真2:鬼怒川線 新高徳~小佐越にて
  もう1台は横位置で。連写を止める
  タイミングが早すぎ、少し手前で
  終わってしまいました。
フジGFX50S GF32-64mmF4R
  1/1000秒 f/5 ISO400


 SL大樹2号は、倉ヶ崎地区へ。女峰山が
見えていたので、今回こそは、といった感じで
サイドから狙うことに。
 これまで女峰山が見えていると思ってカメラを
構えていると、不思議とSLが来る頃は雲が
掛かってしまうが、今回は無事女峰山がきれいに
見えました。



210213c_01.JPG
写真3:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  念願の女峰山バック。でも杉の木が
  年々伸びるので、撮影出来るのもあと少し。
フジX-T4 XF16-80mmF4R
  1/1000秒 f/6.4 ISO400



210213d_01.JPG
写真4:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  もう1台は広角レンズで編成全体を
  入れて撮影。
フジGFX50S GF32-64mmF4R
  1/1000秒 f/5.6 ISO250


 5号は倉ヶ崎のお花畑と思ったけれど、
私が2号を撮影した付近に鉄チャンが居て、
列車に隠れるだろうが、念のため撮影地を
変えることに。思いついたのは、久々の
鬼怒川橋梁。



210213e_01.JPG
写真5:鬼怒川線 大桑~新高徳にて
  水量が少なく川も近くに行け、
  底が見えるくらい水がきれいなので
  縦位置で川面を多く入れることに。
  スペーシアで試し撮り。
フジX-T4 XF16-80mmF4R
  1/500秒 f/7.1 ISO400



210213f_01.JPG
写真6:鬼怒川線 大桑~新高徳にて
  SLが通過する頃は風が吹いて
  水面が波立ってあえなく撃沈。
フジX-T4 XF16-80mmF4R
  1/500秒 f/6.4 ISO400



210213g_01.JPG
写真7:鬼怒川線 大桑~新高徳にて
  もう1台はシンプルに横位置で。
フジGFX50S GF100-200mmF5.6R
  1/800秒 f/5.6 ISO400


 SL大樹6号は、順光で撮影出来る倉ヶ崎のお花畑へ。



210213h_01.JPG
写真8:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  那須の山々をバックに。順光で
  編成写真が狙うならこの場所。
フジGFX50S GF100-200mmF5.6R
  1/1000秒 f/5.6 ISO640



210213i_01.JPG
写真9:鬼怒川線 大谷向~大桑にて
  夕暮れ近くの柔らかい日射しに
  照らされたSL大樹。
フジX-T4 XF16-80mmF4R
  1/1000秒 f/5.6 ISO640

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント