テーマ:写真

今年最初の煙分補給

 2021年最初の煙分補給は、1月2日の東武鉄道鬼怒川線。 昨年末の12月26日より真岡鐵道から譲渡された C11 325号機との4往復態勢で、正月三が日がは新年 バージョンのヘッドマーク付きで運転されます。  ただC11 207号機が1月中旬から定期検査に入るため、 SL4往復態勢は、来週の三連休でいったん終了します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日の出

あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いいたします。  2020年の締めは、大晦日の夕陽。それから約14時間後、 2021年の初日の出で撮り初めです。  昨年は地平線に雲が掛かっていて、きれいな初日の出は 拝めませんでしたが、今年は... 写真1:ひたちなか海浜鉄道 金上~中根にて   東の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年締めの夕陽

2020年の締めは、沈み行く夕陽で。 まさに2020年最後の夕陽です。 写真1:霞ヶ浦湖畔にて   本日は、日没前からうっすらと   富士山が見える。が、若干雲も。 ニコンD500 AF-S80-400mmF4.5-5.6G   1/2000秒 f/8 ISO100 写真2:霞ヶ浦湖畔にて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンド富士 リベンジならず

 本日も晴れていたけれど、西の空は霞んでいる。 ダメ元で霞ヶ浦湖畔に向かったけれど、やっぱり ダイヤモンド富士のリベンジはならずでした。 写真1:霞ヶ浦湖畔にて   西の空は霞んでいて富士山が   見えない。日没まで間があるので、   広めのレンズで風景写真。 フジX-Pro2 XF35mmF1.4R  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷瀑の袋田の滝

 ここ数年は暖冬の影響で氷瀑すら 危ぶまれ、見られても1月下旬頃でしたが、 今年は、先週の寒波の影響で既に12月で 氷瀑が見られると言うこともあり、 ひたちなか海浜鉄道撮影後、袋田の滝に 向かうことに。 写真1:水郡線 西金~上小川にて   下小川手前で水郡線の列車と   併走。列車が下小川駅停車中に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜明けのひたちなか海浜鉄道

 最近年末恒例となった、夜明けのひたちなか海浜鉄道。 今年も行ってきました。現地でよく会う地元の方に、 今年初めてですか?11月の下旬だと一つ金上よりの 踏切で朝日バックが撮れるけれど、そちらは撮らないの? なんて会話をして時間つぶし。  この時期にしか行かない理由は、日の出が遅いから。 11月下旬だと30分以上日の出が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞ヶ浦越しに沈む夕陽とイルミネーションのハシゴ

 雲が殆ど出ていなかったので、霞ヶ浦越しに沈む 夕陽を撮影する事に。この時期、天気が良ければ ダイヤモンド富士が狙える。昼間うっすら富士山が 見えたけど、夕方になると富士山が見えなくなって しまった。空気の澄み具合が悪いらしい。 写真1:霞ヶ浦湖畔にて   雲は無いけれど夕陽が沈む方向は   霞んでいて富士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真岡線全線開通100周年 SL&DL重連運転

 2020年12月15日、国鉄真岡線下館~茂木(現真岡鐵道)の 全線開通から100周年を迎えました。それを記念して12月20日に SLとDLによる重連運転が行われました。  今まではSLの重連でしたが、C11が東武鉄道鬼怒川線へと 譲渡されたため、SLとDLでの重連は、回送を兼ねた プッシュプルやSLの調子が悪いときを除い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SL&DL大樹

 大樹のSLとDLの4往復体制になってから 鬼怒川線へは撮影に行っておらず、そして、 12月26日から真岡鐵道から譲渡されたC11 325号機に よるSL4往復体制になることから、北斗星カラーの DL大樹の撮影機会も残り僅か。  12月12日は、倉ヶ崎のイルミネーションに合わせ、 DL大樹7号、8号が運休となり、日没後にSL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

XF50mmF1.0R試し撮りは西蓮寺で

 XF50mmmF1.0Rの試し撮りに選んだのは 西蓮寺。まだイチョウが残っている(2号株は 見頃)との情報を得たから。  とにかくF1.0の世界を味わってみることにした。 写真1:西蓮寺にて   参道脇のもみじ。寄れないのが   難点だが、ここまで近づくとピントが   浅すぎる。さらにAFだと背景に  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買わないつもりが ついポチッと

 あまり必要は無いと思っいたけれど、評判も良く 品薄のXF50mmF1.0R。マップカメラでの下取り15% キャンペーンとたまたま在庫ありに釣られて、 ついポチッとしてしまいました。  購入をためらっていた一番の理由は、大きさ。どちらか というとフルサイズに比べコンパクトで、丁度良い 大きさが一番の魅力のXシリーズでは、レッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の真岡鐵道

 道の駅もてぎへ野暮用があったので、 道中、真岡鐵道のSLもおかを撮影しながら 行くことに。  途中日光連山が見えたので、前々から 気になっていた撮影場所に行って見ることに。  ただ近くに車を駐める場所が無く、いつも 諦めていたのだが、今回は、最初から決め打ちで 周辺を彷徨き、駐車出来る場所を探すことに。 少し離れた場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞ヶ浦の夕陽

 西蓮寺の帰り道、霞ヶ浦越しの夕陽を 撮影。丁度この時期、かすみがうら市の 志戸崎近辺でダイヤモンド富士が見られるはず。  実は、こちらが主目的で夕暮れまで西蓮寺にて 時間を潰したと言うのが正解です。 写真1:霞ヶ浦湖畔 志戸崎地区にて   富士山の右側の裾野が何となく   判るが、残念ながら雲が出ている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三度目の正直 西蓮寺の大イチョウ

 今年三度目の西蓮寺。やっと黄色く色づいた 大イチョウに出会えました。ただ、所々、緑も 残っており、その一方で散った葉も多く、今週末で 見頃が過ぎてしまう感じです。 写真1:西蓮寺にて   大イチョウ広場の手前、手水舎では   コロナ対策で使えないようにするため   椿の花が浮かべられていました。 フジG…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帆引船 夕方操業リベンジ

 朝から天気も良く、適度の風が夕方まで 続くので、鹿島鉄道記念館に行く前に、 電話で帆引船の夕方操業を予約。  昼食を摂るためかすみキッチンに向かう途中 霞ヶ浦大橋から昼の操業の様子が見え、 無事帆が上がっているのを確認。  昼食を終え、道の駅たまつくりに向かうとき、 ふと道路脇のススキが揺れていないのに気づく。 風が止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城空港のイベント

 11月7日~29日まで、茨城空港にて 懐かしの鹿島鉄道(愛称かしてつ)の 写真展が開催されています。  そして、11月22日、鹿島鉄道の車両や 備品が収蔵されている鹿島鉄道記念館の 特別公開が行われました。  私も運良く抽選に当たり見学することが できました。  また、ほっとパーク鉾田でもかしてつの 車両の月例公開が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の筑波山

 毎年紅葉シーズンになると筑波山のケーブルカーの もみじがライトアップされ、ケーブルカーも20時まで 運転されます。  そこで11月21日の夜、撮影に出かけてみました。 写真1:筑波山大御堂 知足院中禅寺にて   夕暮れ時、富士山が見えたので   きれいに見える知足院中禅寺の   階に登り撮影。 フジGF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の筑波山

 天気も良かったので、紅葉の見頃が迎えている 筑波山に行くことに。混むことが予想されたので 少し早めに出かけたが、筑波山神社に近い 市営駐車場は既に満車で、その次に近い駐車場に 駐めることに(ここもあと数台で満車のギリギリ)。 写真1:筑波山神社にて   天気も良く結構、賑わっていました。   本日は七五三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の袋田

 紅葉シーズンに入った袋田の滝。茨城県民の日にあたる 11月13日、有給休暇をとって、撮影に出かけてきました。  混雑を避けて、朝9時前に現地入り。混み出す頃には 撤収といったいつものパターンです。ちなみに茨城県民の日は、 無料開放となります(通常は朝9時より有料)。 写真1:袋田にて   袋田の滝に向かう途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門鉄デフ SLばんえつ物語号

 紅葉シーズンを迎えた会津地方。紅葉を絡めて SLを撮影したく、SLばんえつ物語号の撮影に 出かけることに。  今年はコロナウィルの影響で、出かける機会や SLの運転も少なく、テンダー機を撮影するのは、 今年初です。  ノーマークだったのは、門鉄デフに替えての運転。 12月のクリスマストレインで門鉄デフになるのは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンド筑波

 筑西市の母子島遊水地から見えるダイヤモンド筑波は、 10月28日と2月14日が山頂から太陽が昇る。  その3日後に当たる週末の31日、朝から天気が良さそう だったの、早起きして出かけることに。  朝から快晴。と言うことは放射冷却で気温も3℃と この時期にしてはかなり寒い朝に。本日の筑西市付近の 日の出は6時2分頃。筑波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帆引船と夕陽

 朝から快晴の一日。夕陽も期待できるので 帆引船の夕方便を予約。しかし、不安なのは、 風がほとんど無いこと。  帆引船は風が無いと帆が膨らまず、帆が 上げられない(風が強くてもダメ)。  とりあえず、受付に行くと、出航するとのこと。 写真1:霞ヶ浦にて   帆を上げ始めた帆引船。   しかし帆は膨らん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の週末快晴に誘われて

 ここのところ週末の天気が悪かったけれど、 久々に快晴だったので、霞ヶ浦の観光帆引船と 夕陽が期待できそう。  今年はコロナの影響で、茨城県在住者のみが 随伴船に乗船できるとのこと。例年だと電話で 予約するけれど、今年はもしかしたら勝手が違う かもしれなかったので、念のため玉造地区の 乗船場所である行方市観光物産館に直接出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SL大樹と季節外れのひまわり

 コロナ禍の影響でしばらく会っていなかった 高校時代の先輩と久々に鉄分補給をすることに なった。  あまり遠出も出来ないので、SL大樹の撮影に 行くことに。9月に撮影に言った際、倉ヶ崎 お花畑プロジェクトで10月中旬にひまわりが 咲くとの事だったので、季節外れのひまわりを 入れて撮影する事にした。  ひまわりを絡めるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市 希望ヶ丘公園のコスモス

 茨城県小美玉市の希望ヶ丘公園のコスモスが 見頃を迎えました。  今回は、単焦点の絞り開放で撮影し、久々に レンズのボケを楽しんでみました。 写真1:希望ヶ丘公園 コスモス畑にて   会場は、希望ヶ丘公園となりの   休耕田(背後が希望ヶ丘黒煙)を   利用し、およそ800mほどの長さ。 フジX-T4 X…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリオ それとも カルテット

 富士フイルムのX-Pro2には、単焦点が似合う。 特に、大口径よりもコンパクトプライムシリーズの F2シリーズが。  まず最初に我が家にやって来たのは、XF35mmF2R。 当時は、X-E2シルバーボディに合わせてXF35mmF2Rも シルバーを中古で購入。ただ、利便性のためズームレンズの 使用が多く、稼働率が低かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週も、ときわ路パスで乗り鉄

 2週続けて、今週も、ときわ路パスで乗り鉄。 今回は、ひたちなか海浜鉄道湊線のキハ205と、 鹿島臨海鉄道の鉄印を貰うのが目的。  台風が近づいているけれど、むしろ天気が 悪い方が人出も少なく、のんびり乗り鉄が 出来そうだから。  まずは、ひたちなか海浜鉄道湊線。10/10,11は ひたち海浜公園のコキアの見頃に合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のときわ路パスで乗り鉄

 茨城県内のJR及び私鉄(除くつくばエクスプレス)、 真岡鐵道が1日乗り放題で2180円のお得な ときわ路パスの秋季バージョンが本日10月3日より 発売となりました(12月20日まで)。  しかも今回は、先着5000名で中井精也カメラマンの ときわ路ゆる鉄カレンダーが貰える特典付き。 ゆる鉄カレンダーのは配布場所は、JR水戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月

 本日の夜は中秋の名月。なので、 ちょっと撮影を。 写真1:霞ヶ浦総合公園の   「光の輪のむこうに」と   中秋の名月を絡めて撮影。 フジX-T4 XF16-80mmF4R   1/1.3秒 f/4 ISO1600 写真2:さらにアップ目で撮影。 フジX-T4 XF16-80mmF4R …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツジの狂い咲きとコムラサキ

 既に毎年恒例となっている、我が家のツツジの狂い咲き。 今年もツツジが秋に花を咲かせました。  また、コムラサキも小さな紫のみを付けています。 写真1:今年もツツジが狂い咲き。   最大撮影倍率は高くないけれど、   フジの神レンズと言われる35mmF1.4で   開放撮影。   開放からカリカリのレンズが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more